【口コミ】愛知観光絶対外せないおすすめ人気スポット・穴場を厳選!県民が選ぶ名所は?

観光スポット

愛知県の観光スポットをご紹介!人気スポットから穴場までおすすめの場所を県民に聞いてきました!
愛知県ならではの絶景なども見れる名所もお伝えいたします!
見所や実際に行った口コミ感想も必見!

ではご紹介していきますね!

1.名古屋城

名古屋駅からのアクセスもいいため、名古屋に行った際には名古屋城の観光はおすすめです。2018年に10年間行われていた本丸御殿の復元工事が終わり、中を観覧できるようになったため、すでに行ったことがある方でも十分に楽しめると思います。名古屋城に向かうまでの道中には季節の花などもたくさんあるため、散歩しているだけでも楽しめます。さらに、名古屋城に行った際にはぜひ観ていただきたいのが、城外でやっているイベントショーです。「名古屋おもてなし武将隊」、「徳川家康と服部半蔵忍者隊」といったグループが演武を行うのですが、想像以上に本格的なキレのあるパフォーマンスで、思わず立ち止まって見入ってしまうと思います。子供から年配の方まで観て楽しめる内容かと思います。2018年には「金シャチ横丁」といった飲食店などが並ぶ商業施設もできました。そこでは名古屋ならではの、ひつまぶし、味噌カツ、味噌煮込みうどんといったご当地グルメのお店がたくさん並んでいます。また、フォトジェニックなスイーツのお店もあるため、色々な世代の方が楽しむことができると思います。イベントやグルメなど盛り沢山なため、一日中名古屋城にいても飽きないかと思います。

2.犬山市

犬山城

愛知県犬山市には実にバラエティーに富んだ観光スポットがあるのが何よりの魅力です。名古屋駅から電車で30分ほどで行け犬山市内の移動も徒歩やバスでできますのでアクセスも便利なのもありがたい点です。
代表的なスポットは犬山城と城下に広がる落ち着いた街並です。犬山城は木曽川沿いの高台にある為に見晴らしも非常に良く、また築城から1度も改築されておらず築城当時の天守閣に入れる事は非常に貴重な体験ができると言えます。お城のすぐそばにはハートマークの絵馬で知られる三光神社や、城下に広がる街並は昔ながらの風情があり飲食店やお土産屋など店舗も多数軒を連ねており散策しながら食べ歩きや買い物を楽しむ事ができます。春と秋には犬山祭りが開催され城下の街並を勇壮な山車が駆け巡りその模様は圧巻とも言えます。
郊外に足を延ばすとレプリカではなく明治や大正時代の代表的な建築物を各地から移築したものが集められた明治村があり村内の移動もその当時の市電や蒸気機関車を使用したり食事も当時の食事を楽しめる事ができます。


リトルワールドは世界各国の代表的な家や建築物が建てられておりグルメも各国のグルメが楽しめたりレンタル民族衣装で各国の衣装を着る事もできミニ世界旅行をしている気持ちが味わえます。

犬山城

犬山城の上階にある展望室から木曽川方面を眺めて見て下さい。絶景です。眺下にある犬山頭首工を境にして、上流側は雄大な木曽川の堂々としたゆったりな流れ、下流側は荒々しい自然の息吹の流れといったコントラストが楽しめます。また、上流側の水面には、犬山城がゆらゆらと映っています。その上を鵜飼いの舟が通って、城の像が分断されて、通過したらまた戻る場面は情緒深いです。春夏秋冬それぞれにおいて背景の景色が異なり、見え方が様々に楽しめるところもよいです。また、時間帯によっては、遠目で犬山城を眺めていると、月と犬山城とか、太陽の光をたっぷりと浴びた犬山城など、情緒溢れるところを写真撮影できる点も素晴らしいです。城の敷地の散策も落ち着いた雰囲気を楽しめ、何だかタイムスリップしたような感覚を味わえます。城の中には昔の江戸時代などの遺物が展示されており、また、上階への移動階段が昔のままの構造をしており、ノスタルジックな感傷な気分にふけることができるかと思います。駐車場もそこそこ広くてせわしなくないところもよいです。最後に、山頂にそびえ立つ犬山城を見ると、心が雄大な気分になり、日頃の悩みや怒りがちっぽけなものと思え、気分転換には最適なスポットだとおすすめします。

犬山城

現存する日本最古の木造天守があり、国宝に指定されているお城です。
名古屋から最寄駅の犬山遊園駅まで35分ほどとアクセスもよい所です。
最寄駅から城まで徒歩で15分ほどかかりますが、途中に城下町があり、お土産屋さんや食べ歩きができるスポットが立ち並んでいるので、
グルメやショッピングを楽しめます。
城に着く前に急な坂と階段があり、そこを登り切ると犬山城が見えます。
城の中に入ると、最上階に登るまでに急勾配な階段があります。天井が低い箇所も何箇所あります。
登るのは体力が入りますが、最上階に着くまでの各階には、石落としなど敵の侵入を防ぐ工夫や鎧など展示物があり、
それを楽しむのも見どころです。
最上階に登ると、最上階の扉は開放され外に出ることができ、景色を360度堪能できます。他のお城をみても、
最上階の扉が開放されているお城は少なく、景色も窓越しからという所が多い中、このように360度景色を見渡せるのか
犬山城の醍醐味です。広大な濃尾平野や雄大な木曽川を一面に見渡せ、目に広がる景色は本当に感動します。
また、犬山城周辺には、国宝の茶室を持つ有楽苑という日本庭園があり、お城を観光した後、ぜひ立ち寄ってみてください。
犬山城は、お城も周辺も見どころが多く一日中楽しめるスポットなので、ぜひ訪れてみてください。

3.東山動物園

東山動植物園は定番中の定番です。私も子供の頃から何度となく行っています。幼少期は親に連れられて、また学校に通うようになってからは遠足や写生大会などで訪れた場所です。遠足で行く時はどうしても団体行動となってしまうので自分が好きな動物ばかり見ていられません。写生大会はそもそも絵を描くことが苦手だったのでいい思い出がありません。そのような理由から東山動植物園から足が遠のいていたのですが、久々に一人動物園を経験してみたところ、以前では味わえなかった面白さに出会えました。今の東山動植物園にはイケメンゴリラのシャバーニや叫び声がオジサンのようなフクロテナガザルのケイジのようにスター性のある動物がいます。そういったスター性のある動物たちを目当てに訪れる大人が結構います。自分の好きな動物を好きなだけ見ていられる。そんな自由な観覧がとても心地良いのです。スター動物目当てで通ううちにその他の動物たちにも目がいくようになります。動物を見ていると穏やかで癒しが得られます。行楽シーズ以外の平日に訪れると人もさほど多くなくじっくりと動物を観察することができます。また、東山には植物園もあります。春は桜が、秋は紅葉が見事です。動物だけでなく植物園まで足を延ばすのもオススメです。

4.常滑市

愛知県は、名古屋が有名ですが、名古屋以外にも魅力的な観光スポットがたくさんあります。その一つが知多半島の常滑です。国内最大級の招き猫の産地で、街中のいたるところに、招き猫を見る事が出来ます。お子様たちとご一緒に歩かれると、とても楽しい時間になることでしょう。街中でたくさん見られる猫の焼き物は、様々な表情をしており、時に可愛らしく、時に風情が感じられて大変良いものです。招き猫の焼き物の散歩道は、1.6キロメートルもあり、楽しい時間が長く続くと共に、かなり良い運動になり気分も晴れやかになります。さらに、土管坂や焼酎坂があり、延々と土管や焼酎の容器が壁を埋め尽くしています。非日常の気分を味わえて、良い気分転換になります。

常滑市には中部国際空港があり屋外デッキからは伊勢湾と三重の山々の雄大な背景をバックに離着陸する飛行機を見学できたりターミナルビルには飲食店やお土産屋が複数入っていたり銭湯もあるので飛行機に乗らずとも観光スポットとして楽しむ事ができ、また第2ターミナルに誕生したフライトオブドリームという施設にはボーイング787が展示されており外側から見るだけなら無料で可能で、飲食店街はシアトルの街が再現されていてシアトルに旅をした気分を味わえるスポットとなっています。
常滑と言えば常滑焼が特産品で焼き物祭が開催されたり2つのコースが用意されているやきもの散歩道が整備されておりレンガ造りの窯や黒塀の工場や陶器の廃材を利用した坂道やINAXのライブミュージアムを見学しながら散策する事ができます。
常滑は招き猫の町でもありイオンモール常滑には屋外の散策エリアに様々な招き猫のオブジェが展示してあったり店内には招き猫が展示されておりその大きさには圧倒される程です。また、とこにゃんという招き猫の顔だけを展示してあるスポットもあり常滑の名物となっています。
りんくうビーチは夕陽が綺麗に見えるスポットとして知られ、中部国際空港に離着陸する飛行機を眺めながら散策や釣りやバーベキューや夏場には海水浴を楽しむ事ができます。

INAXライブミュージアム

どんな施設かというと、古くから焼き物の町として有名な常滑市で誕生した、水回り製品の大手、INAX(現在のLIXIL)にちなんだ体験型のミュージアムです。敷地内には6つの館があります。
『釜のある広場・資料館』では、当時の釜焚き作業の様子を再現したプロジェクションマッピングが観覧できます。
『世界のタイル博物館』では、世界中のタイルコレクションが展示され、『建築陶器のはじまり館』では、陶器を作るための金型や着色料の原料など、ものづくりの仕組みを見ることができます。『土・どろんこ館』では、本施設の目玉である、光るどろだんご作りが体験できます。自分も幼少期に体験したことがありますが、老若男女問わず時間を忘れて没頭できます。『陶楽工房』は、同じく体験コーナーで、モザイクアートやタイルの絵付け体験など、オリジナルの作品作りが楽しめます。最後に『ものづくり工房』では、展示してある製品や資料を通して、伝統や技術が学べます。
近辺には、常滑やきもの散歩道という場所もあり、その名の通り焼き物が飾ってある道を散歩しながら、買い物やカフェが楽しめるのでおすすめです。

5.南知多町

羽豆岬も負けず劣らず素晴らしい観光スポットです。知多半島の最南端にあって、開放感がありとても見晴らしが良くて大変素晴らしいです。アイドルグループが羽豆岬の曲をリリースしていましたので、その歌詞が掘られた大きな石碑があります。景色の良い所に立地するレストランでは、プリっとした歯ごたえのあさり焼きやしらす丼などの海の幸が堪能できます。蒲郡や犬山も、かなり人気のある観光スポットです。

車で南知多に向かうと、途中から海沿いの道になりとても景色がいいです。
海がきれいで、海の幸も美味しく、自然がいっぱいの観光スポットが多いのが南知多。
愛知といえば名古屋が1番に思い浮かびますが、地元民としては南知多をオススメしたいです。

まず何と言っても海がきれい。
潮干狩りや海水浴をするのも良いですし、灯台はデートスポットにもぴったりです。
大きいエビフライと海鮮が食べられる、まるは食堂でのランチは外せません。
また、卵料理が食べられるお店、レシピヲではとろとろのオムライスを食べることができます。
観光では、夏は花ひろばのひまわり畑がおすすめです。
一面にひまわりが咲いている風景は圧巻で、写真スポットとしても人気です。お土産として1本ひまわりを持ち帰ることもできます。
人気の観光スポット、南知多ビーチランドは小さいお子様がいるご家族にぴったりです。イルカショーが人気で、遊べる遊園地もあるので1日楽しめます。
旅の最後にはえびせんべいの里でえびせんべいをお土産に買って帰るのがおすすめです。
また、干物や海鮮などを買うことができるお店もたくさんあります。
日帰りでも楽しめますし、周辺には温泉もあるのでゆっくり旅行するのもいいかと思います。

自然がいっぱいで、海鮮も美味しい南知多にぜひお出かけください!

6.名古屋市港区

名古屋市の中でも港区は続々と新しい観光スポットが誕生し今や名古屋を代表する観光スポットになっていてその先駆けとして誕生したのが名古屋港水族館です。目玉はイルカのショーとシャチを見る事が出来る事です。夏にはナイター営業もされていて幻想的な雰囲気の中でイルカのショーを楽しむ事ができます。
水族館のあるガーデンふ頭エリアはその他にも実際に南極に観測に行った事がある南極観測船のふじが展示してあり中に入る事もできます。またシートレインランドは小規模の遊園地になっていて目玉は大観覧車です。ガーデンふ頭では夏と秋とクリスマスの時期には打ち上げ花火も上げられ名古屋市内で開催される4つの花火大会のうち3つも開催されるので名古屋を代表する花火スポットでもあります。
港区のもう1つの代表的な観光スポットとして金城ふ頭エリアがあります。こちらにはリニア・鉄道館とレゴランドがありリニア・鉄道館は昔の貴重な車両から未来のリニア車両まで数多くのが車両が展示されていて鉄道ファンには非常に見応えがあるスポットとなっており、レゴランドは国内では唯一の屋外のレゴのテーマパークとなっています。
ガーデンふ頭エリアは地下鉄の名古屋港駅から、金城ふ頭エリアはあおなみ線の金城ふ頭駅から徒歩圏内なのでアクセスも非常に良いです。

まとめ

今回は愛知県の観光スポットを一部ご紹介致しました。素敵なところがいっぱいですね!

是非皆さん行ってみてはいかがでしょうか?

また追記致します。

タイトルとURLをコピーしました